Smartphone Ad-optimizer Nobot Fundraises USD1.3M From JAFCO And Nissay Capital


Tokyo-based smartphone ad-optimizer Nobot announced on Friday they had fundraised approximately USD1.3M from Japan’s largest VC firm JAFCO and Nissay Capital[J] who is an investment arm of Japan’s largest life insurance company.
Nobot was founded in April 2009, and has introduced a smartphone ad-optimization service called Ad-Maker.   They’re currently distributing 100 million impressions per month, and expecting to gain it up to 1 billion impressions per month in the next fiscal year, the company’s CEO Kiyotaka Kobayashi says.
Prior to this round, Nobot has fundraised from Tokyo-based seed investor Samurai Incubate and Internet business-focused VC firm ngi group.  Mr. Kobayashi says, the service is being mainly used by smartphone app developers in the US and European countries, and expecting to spread it out to Asian countries.   They expect their revenue reach USD13M in their fiscal year of 2012.

ノボット、ジャフコから約1億円調達。「アジアを中心に展開してく」
2010/10/15 16:05  by Venture Now 編集部

株式会社ノボット


ノボットは15日、ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合およびニッセイ・キャピタル4号投資事業有限責任組合を割当先とした第三者割当増資により、総額 約1億円の資金調達をおこなったことを明らかにした。各ファンドからの払込は既に完了している。
調達した資金の半額を資本金に組み入れ、増資後の資本金は、9,000万円。各ファンドからの出資額などの内訳は非開示。
ノボットは、2009年4月1日に設立。スマートフォン向け広告収益最適化サービス「AdMaker」を展開。現在の広告配信数は月間 約1億imp。「来年度には10億impくらいまでにもっていきたい」(ノボット代表小林氏)
同社ではこれまでにエンジェルラウンドでのサムライインキュベートからの投資を経て、2010年3月には ngi group の運営ファンドなどから約3,000万円の資金調達に成功している。
今回調達した資金はおもに同社の事業ドメインである AdMaker の開発と、アジアを中心とした海外展開に充てる。「世界中で使ってもらいたい。今は欧米系が多いが、今後はアジアを中心に展開していく。日本よりも海外の比重を高めたい」(小林氏)
2012年3月期売上高 10億円を目指す。

Leave a comment

Your email address will not be published.